MENU

GOTOキャンペーンは添い寝も1名とカウントされる!お得に泊まるなら今予約しよう!

2020年7月22日から開始されたGOTOキャンペーンですが、衝撃な事実を最近知ってしまったので記事を起こしています。

GOTOキャンペーントラベル事業のQ&Aがあり日々更新されているのですが、以下のQ&Aが最近追加されたのです。

子どもや幼児も1名としてカウントされる

ちょっとこれはヤバイです。添い寝でも大人と同じように1名としてカウントするということなのです。

コロナウィルスの影響が怖く旅行になかなか行けない状態ではありますが、県内のちょっと有名なホテルに週末泊まりに行くというプチ贅沢をしてみてはいかがでしょうか。

目次

GO TOキャンペーンとは?

Go Toキャンペーンは、新型コロナウイルスの影響で甚大な被害を受けている観光業や飲食業、イベント・エンターテインメント事業などに対して、感染収束後に実施される地域活性化、需要喚起を目的としたキャンペーンです。

そのうち「Go To Travelキャンペーン」では、旅行業者等を経由して旅行商品を購入した方を対象に、旅行代金の半額相当分の補助(日帰りは1名あたり1万円、宿泊は1名1泊あたり2万円を上限とする)が適用されます。

上の画像は、国土交通省資料「令和2年度国土交通省関係補正予算の概要」から頂いたものなのですが、見ていて目が痛くなるほどの文字が書かれています。

GO TOキャンペーンの旅行代金をシミュレーション!

例えば旅行会社を経由して1泊2日 20,000円のパッケージツアー(往復の交通+宿泊のセット)を予約・購入する場合、旅行代金の半額に相当する10,000円が支援額となります。

そのうち7割に相当する7,000円が旅行代金の割引、3割に相当する3,000円が地域共通クーポン(旅行先での飲食や観光施設、地域産のお土産を購入する場合に使える予定)として付与されます。

割引後の旅行代金(支払額)としては、13,000円ですが、3,000円相当のクーポンが付くため、実質10,000円相当の支援となります。

また別の例として、1泊2日 100,000円のツアーの場合だと、支援額は20,000円(1泊の上限額が20,000円のため)となります。

このように旅行代金や泊数によって支援額(支援の割合)は異なります。連泊など泊数の制限はありませんので、泊数が多く長い日程だと、さらにお得に利用できそうです。

図で説明すると以下のようになります。

対象となる旅行商品は?

宿泊を伴う旅行、日帰り旅行ともに対象となり、旅行代理店や予約サイト経由での予約が条件となります(宿泊のみの場合は宿泊施設に直接予約も対象)。

個人で手配する交通は割引対象外となりますので、飛行機など交通機関で移動する旅行の場合、個別に予約するより旅行会社が販売するパッケージツアー(宿泊+往復の交通)を利用するとお得度が上がります。

【宿泊旅行の場合】

【日帰り旅行の場合】

既に予約している人は7月22日から対応してもらえる

既に予約している人に関しては以下のように救済措置があります。

すでに予約済の旅行について、旅行者間での公平を期す観点から、割引の対象とする。旅行者は旅行後に、申請書と領収書、宿泊証明書、個人情報同意書を事務局に郵送やオンラインで申請し、割引分をクレジットカードへの返金か銀行振り込みで還付する手続きを行う必要がある。地域独自の観光キャンペーンとの重複適用も認める。 引用:TRAICY

家族で旅行する場合、子供や幼児は1名としてカウントする!

今回の記事で一番重要なことをここから書いていきたいと思います。

私はいつも楽天トラベルで予約する前に「添い寝はどうなるのか」についてホテルに事前に電話で聞いてから予約することが多いです。

子どもを指定すると、対象の施設がでてこなくなったり、料金が大幅にアップしてしまうからです。

事前にホテルに確認すると「備考欄に添い寝のお子様を書いて頂ければOKです」ということもあるので事前に確認してみるのも良いかと思います。

しかし、今回の場合、添い寝の場合でも大人1名としてカウントしてくれるため、子供の指定も忘れずに行う必要があります。

添い寝の場合、どれくらい支援されるのかシミュレーションしてみた!

2人1泊計6万円の家族旅行(大人1人1泊5万円、子供1人1泊1万円)の旅行をした場合、どれくらい安くなるのかをシミュレーションしてみましょう。

答え:6万円×1/2=3万円

となります。

  •  大人と子供1人ずつ適用すると2万円+5千円が上限ですが、あくまで1旅行予約単位で算出するため、支援上限額は4万円(2人×1泊2万円)となります。
  •  子供・幼児料金については、支援上限額ルールの適用を受けにくいことになりますが、大人と子供を区別して支援額を算出することは実務上(システム上)対応が困難なため、1名とカウントします。
  •  子供料金が発生しない場合「0円の場合」も1名とカウントします。

ということで、これはかなりの朗報ではないでしょうか。最後の子供料金が発生しない場合「0円の場合」でも1名としてカウントするという回答にはびっくりしました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

添い寝でも大人1名としてカウントされるという衝撃の事実でした。

今までは添い寝の条件を指定すると料金があがってしまうため、ホテルに事前に添い寝について確認する必要があったのですが、値段次第で添い寝のお子様も指定すると超お得になりますね。

私は以下のサイトを1日1回は除くようにしています。

今回、ご紹介した添い寝の条件を盛り込んだ内容のプランを発表することも十分にあると思います。要チェック必須ですね!

 

 

Book vector created by freepik – www.freepik.com

目次
閉じる